• 竹の筒
  • 木を切る

契約をして依頼する

木を切る

実際に業者に依頼するにあたっては、各社を比較検討する必要があります。どのような点に気を付けるかというと、見積もりが無料で、料金が明朗会計な計算システムになっているところが良いです。あいまいな見積もり金額ではなく、根拠のある計算で見積もられているか、ここが大きなポイントになります。

また、お客様満足度も高く、今までの実績も多いところが良いです。このような業者であれば、質の高い伐採を低価格で行ってくれます。

チップ化による再利用
最近の業者は環境への配慮も徹底しており、伐採した木材なども粉々に粉砕して堆肥のチップにしたりします。堆肥のチップを有効利用すれば、トマトの肥料にもなって美味しく育ちます。また木くず粉砕器でチップ化することによって、それをリサイクルし、生活の中に還元されます。堆肥をはじめとして、防草材として農地に敷き詰めたられたりします。またマルチ材に生まれ変わって建築物に利用されたり、火力発電所の燃料として再利用もされます。

自宅の竹について

竹の筒

自宅にある程度の広さの庭がある人で、自分で今までは庭木の手入れを行っていたけれども、年齢とともに放置するようになってしまって、気が付いてみると、草木が伸び放題になってしまっているケースはあるものです。特に竹であったり、太い木等ですと、これから自分で何とかしようと思っても、なかなか素人の力ではどうしようもなくなっているものです。

このような時には、専門家に伐採を依頼するのが良いです。専門的に庭木の手入れを行ってくれる業者はあります。

業者を選定する
実際に業者を選定するにあたっては、まずは業者はどれくらいあるのか、自宅まで来てくれるような業者がどれくらいあるのかを調べる必要があります。今のような時代ですから、これらの情報については、インターネットを利用することによって、とても簡単に調べることができるようになっているのです。

インターネットで情報を収集し、まずは無料で見積もりを作成してくれるところを選び、見積もりだけの依頼をします。複数の業者にするのがポイントです。